鉄は熱いうちに打て!
教育においては、スタート時の基礎となる部分に非常に力をかけます。基礎ができていないのに応用編に進んだり現場に進むのはむしろ効率が悪いのです。強く太い根を作るためにも、スタート時を一番重要な時期と捉えています。
自分で考える。そして行動変容へ
単純な知識の提供ではなく、「自分で考える」ということも重要視して います。課題解決型の内容を多く盛り込み、考える力・主体性を養います。
身体で覚える演習重視!
自転車の運転と同じです。乗り方を知っているだけでは乗れません。実際に乗って、失敗を繰り返すことにより上手に乗れるようになります。知っていることとできることには雲泥の差があるのです。実際にできるようになるために、演習を多く取り入れ、失敗はここでたくさんしていただきます。